水害の影響を抑えるためには土のう袋は欠かせません

水害の影響を抑えるためには土のう袋は欠かせません

土嚢袋

防水対策に欠かせないもの

建物に水が侵入するといったトラブルを回避するには、周りに土のう袋を敷き詰めておくことが必要です。これらを扱っているメーカーは沢山あり、まとめて購入することもできるため、簡単に防水対策を進められます。また、保管がしやすいものを選ぶことも重要になってくるでしょう。最近ではコンパクトなサイズのものも増えつつあります。

吸水性が優れたものを選ぶ

土のう袋の吸水性がイマイチであると、とっさの水害に対処することができません。そのため、吸水性に優れた製品を選ぶことが肝心になります。それに加え、沢山の水を吸収してくれればより防水の役割を高めてくれるため、製品選びには吸水性の高さを踏まえ、比較を重ねていくことが肝心になってきます。

製品選びに重視しておきたいことは?

耐久性も重視しておく

より高さのあるバリケードを作るためにも、多く積み上げることができる土のう袋を選んでおく必要があります。また、水流の勢いが強いと崩れてしまう恐れもあるでしょう。これらを想定して製造された土のう袋があれば、いつでも安心です。長期的に水害の影響が懸念される地域であればより重要な要素になってくるでしょう。

処分の方法を知る

役目を終えた土のう袋ですが、塩化カリウムの液に浸すことによって水分を抜くことができます。これらの処分の流れが楽であると、より土のう袋の活用がしやすくなります。製品によって処分の方法は異なるので、土のうとしての役割に限らず知っておきたいポイントであるといえるでしょう。また、天日干しで土のう袋を小さくする方法もあるので、干せる場所が確保できそうであれば選んでおくと良いでしょう。

環境を考えた製品選び

処分のことを考えると、土のう袋は燃やしても有害な物質が発生しないか心配と感じる人もいるでしょう。環境を考えた素材を用いた製品を選ぶことで、大量に使用し、役目を終えた場合でも安心して処分が進められます。また、製造会社によってはダッシュバッグ以外にも印刷のインクの成分も環境を考えたものにしているところもあります。